Topology-ML -- Topology Mailing List

 

Topology-MLについて

【趣旨】トポロジー分科会内部の連絡に使われていたメールリスト「Topology-Bunkakai」を発展的にリニューアルし、トポロジー関係者全体に関わる事柄を周知する場として、メールリスト「Topology-ML」(以下「ML」) を設ける。

【会員】MLからメールの配信を受ける者を「会員」と呼ぶ。

【司会者】トポロジー分科会評議員二名とトポロジー連絡会議の指名する補助司会者若干名の集合体を「司会者」と呼ぶ。

【管理者】MLの管理人を「ML 管理者」と呼び、次のメールアドレス(以下「管理者アドレス」)を持つものとする。

  ML 管理者 <topology-ml-owner@ns.tcu.ac.jp>

【入会】MLへの入会は下記の「Topology-ML 入会希望の方へ」のフォームに必要事項を書き入れて申し込むか、登録すべきメールアドレスから名前と所属を明記して管理者アドレスへ申し込む。 ただし司会者がこれを保留あるいは拒否することがあり得る。

【投稿】MLへの投稿は会員のみが可能であり、登録されたメールアドレスから次のメールアドレスに宛てて行う。

  トポロジー ML <topology-ml@ns.tcu.ac.jp> 


【その他】個別の対応の難しい配信エラーはメールアドレスの削除で対応する場合があり得る。



  評 議 員: 大槻 知忠(京大数理研)、三松 佳彦(中央大)
  補助司会者: 秋吉 宏尚(大阪市大)、岩瀬 則夫(九大数理)
  ML管理者: 井上 浩一(東京都市大)、岩瀬 則夫(九大数理)


このメーリングリストに投稿された過去のメールは,Topology-ML 保存書庫 をご覧下さい. (現在の保存書庫 はメーリングリスト会員だけが利用できます.)

Topology-ML 入会希望の方へ

Topology-ML の入会には,以下のフォームに必要事項を記入して「入会を申し込む」ボタンを押してください. その後、これが入会希望者本人の意思によることを確認するために,MLシステムが確認をお願いするメールを希望者のアドレス宛に送ります. 希望者の確認後,申し込みは司会者による承認のために保留されます. そして司会者による希望者の入会の可否の決定後,その結果をMLシステムがメールでお知らせします. また,Topology-ML は 非公開 であり,リスト管理者以外は会員名簿を閲覧できません.


    メールアドレス:  
    名前(所属):  

    以下でパスワードを指定することもできます. これは簡易なセキュリティで,他人が誤って会員情報を変更してしまうことを防ぐだけのものです. パスワードを送付するメールは暗号化されませんので,システムパスワードなどの 重要なパスワードを指定しない ようにしてください.

    パスワードが指定されなかった場合には,MLシステムがパスワードを自動的に生成して入会確認後にメールで送付します. このパスワードは入会後に本ページ最下段の「退会またはオプション変更」ボタンを押して現われる画面から,いつでもメールで取り寄せることができます.


    パスワードを入力してください:  
    確認のため同じパスワードを再入力:  
     
Topology-ML 現会員の方へ

当MLシステムでは,現に登録されているメールアドレス,氏名,所属やその他の設定項目を(会員)オプションと総称します. 会員オプションの変更には会員のパスワード(自ら設定されていない場合には,会員の個人情報を保護する目的でMLシステムが自動的に設定しています)が要求されます. 必要ならこれに先立ってパスワード備忘通知を要求すると,設定されている会員のパスワードを会員の現に登録されているメールアドレスに宛て,MLシステムが通知します. 退会の申し込み,パスワード備忘通知の要求,会員オプションの変更などを行うには,下記のフォームに従って現に登録されているメールアドレスを入力し「退会又はオプションの変更」ボタンを押してください.


Topology-ML からの退会, パスワード備忘通知の入手, 会員オプションの変更には, 登録したメールアドレスを入力:

未記入の場合, 次の画面でメールアドレスを入力します.


Topology-ML リスト管理人 iwase at math.kyushu-u.ac.jp, inoue at ma.ns.tcu.ac.jp
Topology-ML 管理用ページ (パスワードが必要です)
ns.tcu.ac.jp の全メーリングリスト一覧

Delivered by Mailman
version 2.1.20
Python Powered GNU's Not Unix